債務整理の基礎知識


2回目の債務整理をすることはできるの?

2回目の債務整理をすることはできるの?

現代の社会では様々な事業者が「融資業務」を行うようになっています。かつての社会では「サラ金」と呼ばれていた貸金業者は現在でも盛んに営業を行っていますし、最近だと銀行なども、貸し銀業と同様の消費者向け融資を行うようになってきました。しかしながらそうした事業者からの借り入れの使い方を間違えると、返済できない借金を抱えてしまうことにもなりかねません。

 

 

返済できない借金を抱えてしまったという場合には債務整理を行って問題を解決できるのですが、それでは「2回目の債務整理」を行うことは果たして可能なのでしょうか。まず結論からいえば、たとえ2回目であろうと3回目であろうと、債務整理を利用すること自体は可能です。その方法については法律上で制度が定められているものの、その利用回数における制限と言うものは特にないのです。

 

 

しかしながらこれはあくまでも「利用することが可能」なのであって、「債務整理の成功が保証されている」というわけではありません。むしろお金を貸す側からすれば「以前も同じことをしていたのに」というような印象を持つのが自然なことですから、2回目以降については初回と比べると、かなりハードルが高くなることは間違いないでしょう。

 

 

特に問題になってくるのが「自己破産」に関してです。自己破産は債務整理制度で認められている方法の中で唯一「債務を帳消しにする」と言うことが可能です。これは返済能力が明らかに欠如している人のみが利用できる制度なのですが、たとえその要件を満たしていたとしても、2回目の手続きはかなり難しくなるのが事実です。

 

 

特に「前回の自己破産から7年以内に再度申し込みをしている」と言うような場合には、誰が見ても明らかに返済できず、そしてその原因が債務者には無いというようなケースでなくては認められないでしょう。原則として自己破産は「前回の破産から7年が経過していること」を原則としていますから、7年以内の申し込みが認められるのは一部の特例のみなのです。

 

 

また、2回目以降となるとその人は「習慣的に借金をしていて、本来であれば借りる必要はなかったのではないか」というような疑惑を向けられることが避けられません。こうなってしまうと弁護士がいくら手を尽くしても免責が認められないこともありますから、安直に「もし何かあったら債務を整理すればいいや」というように考えることには問題があります。

 

 

あくまでもこうした制度は「救済」でしかありません。救済を前提とした行動はあるべき姿ではありませんから、借金などについては必ず計画的な利用を徹底するように心がけましょう。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

2回目の債務整理をすることはできるの? 2回目の債務整理をすることはできるの?



2回目の債務整理をすることはできるの? 2回目の債務整理をすることはできるの?