債務整理の基礎知識


債務整理をするとローン審査が厳しくなる

債務整理をするとローン審査が厳しくなる

債務整理を行ったというような場合には借金返済の督促は無くなり、債務を持たない人として新たな一歩を踏み出すことができるようになります。この債務整理は法律で認められている制度の一つですから、利用をしたからと言って公民権が停止したり、犯罪者として誹られるようなことは絶対にありません。しかしながら、債務整理にはいくつかのデメリットがあるということも事実です。

 

 

制度を利用することによって発生するデメリットの中でも特に注目したいポイントとなるのが「ローン審査が厳しくなる」ということなのです。ではこれはどうしてなのかと言うと、まず「債務整理を行った」という事実は信用情報に記録される情報であるということを知っておかなくてはなりません。

 

 

信用情報とはそれぞれの消費者が今までどのような金融機関を利用してきたのか、またそこでどのような利用をしていたのかと言う情報が集められた「消費者の信用を証明する情報」です。これは信用情報機関と言う第三者機関が作成・保管をしているのですが、この情報には自己破産にしろ民事再生にしろ、債務を整理したのであればその事実が記載されることとなっています。

 

 

そしてローン審査を行う金融機関にとって、そういった「契約を締結した後で内容を変更した」という事実は、非常に重要な物となります。過去にそうした事実があったというのであれば、その審査を行っている会社としても「貸し付けをした後で返済をしてくれないことがある」と判断せざるを得ないのです。

 

 

一般的な個人が別の友人・知人にお金を貸すというような場合も同様であり「約束を守って返済してくれたことがある人」や「今までお金を借りたことが無い人」に対しては貸してくれる人はいるかもしれませんが、「約束を破って、借金を踏み倒した人」に対しては積極的にお金を貸したいというような人はいなくなってしまうでしょう。

 

 

そのため債務整理をした後は、信用情報にその事実が記録されている5〜10年の間、ローン審査が非常に厳しいものとなってしまうのです。住宅ローンや自動車ローンと言ったような大口融資はもとより、消費者金融などの小口融資においても、貸し付けてくれる可能性はそれまでと比べて格段に低くなってしまいます。

 

 

よって債務を整理したのちはそれぞれの消費者に対して「借金に頼らない生活の実現」が求められることとなります。中には「うちなら融資できますよ」というような言葉を使ってくる業者もいますが、そうした業者はかなり高い確率で闇金と呼ばれる違法業者となります。債務を整理した後しばらくは「新しい借金はしばらくできない」というように考えることが必要となるのです。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

債務整理をするとローン審査が厳しくなる 債務整理をするとローン審査が厳しくなる



債務整理をするとローン審査が厳しくなる 債務整理をするとローン審査が厳しくなる