債務整理の基礎知識


債務整理の弁護士費用は分割でも大丈夫

債務整理の弁護士費用は分割でも大丈夫

債務整理は自分で行うよりも弁護士に依頼したほうが早く進めることができますし、確実になります。もちろん、自分で書類を作って裁判所に申立てをする本人申立てということができないわけではないのですが、債務の返済をとめていると、裁判所への申立てが受理されていない間に金融業者などから執拗な支払いの催促などをされる可能性もあるということです。特定調停や自己破産、そして個人再生などでも申立てをする前に自分で取引経過の開示を請求することになります。なので、申し立てをする前にきちんと勉強をしなければいけなくなります。

 

 

また、個人再生などの場合はとくに本人申立て自体をなかなか受けてもらえないこともあるのです。その理由としては、債務者の勉強が不十分であり、結果として免責が不許可になったりするという場合もあるからです。なので、債務整理は弁護士に依頼して進めてもらうということが一番はやく解決する手段だといえます。

 

 

弁護士から債務整理の受任通知を受け取った金融業者は、貸金業法の規定により正当な理由なく支払いの催促をすることは禁止されています。なので、少なくとも金融業者などの債権者からは支払いをすることがなくても電話や自宅訪問などで支払いの催促をされる、ということはなくなるということです。

 

 

自分で債務整理をするよりも、法律の専門家である弁護士に依頼しておくことで自分にあった方法を選択することができるようになるといいます。自分ではやはり勉強不足で時間ばかりがかかってしまう可能性もあるのです。また、複雑な自己破産の場合や個人再生の難しい手続きなどもすばやく進めることが出来るようになります。

 

 

弁護士に依頼するときに債務者の人が迷うのは、高額な費用がかかるので支払いのことを考えてしまうからです。確かに、個人で仕事をしており、あまり債務関係のことに熱心でない人にお願いすると数十万円の高額な費用を受任の時に請求されることもあるといいます。ですが、債務整理を多く手がけている法律事務所の場合のほとんどが、費用を分割払いにさせてくれるということです。

 

 

もしも費用の支払いも難しいという場合は、法律扶助制度というものがあるので、それを利用してみるというのもいいです。きちんと自分自身で出来るところまで行うのはいいのですが、法律を学んだ人の力をかりて進めるほうが早く終わりますし、生活を充実させて新しくリセットさせることもできるようになります。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

債務整理の弁護士費用は分割でも大丈夫 債務整理の弁護士費用は分割でも大丈夫



債務整理の弁護士費用は分割でも大丈夫 債務整理の弁護士費用は分割でも大丈夫