債務整理の基礎知識


債務整理の費用、弁護士と司法書士の比較

債務整理の費用、弁護士と司法書士の比較

債務整理を行うさいに味方になってくれるのが弁護士と司法書士です。両者を比較するとすべての債務整理で代理権を有する弁護士が依頼をするぶんには有利ですが、司法書士に比べて費用が高めな傾向にあり、費用を抑える場合には司法書士にメリットがあります。

 

 

費用としては、弁護士に任意整理を依頼した場合には、一般に1社あたり4万円から5万円程度の着手金が必要でまた解決報酬金と減額金額に対する成功割合として1割程度必要とされます。また個人再生の場合には30万円から50万円程度と場合によっては成功報酬が必要になりますが債権者が複数の場合には、いくらか増額されることになります。自己破産では着手金と実費で20万円から40万円程度になりますが、免責などが認められた場合には追加して20万円から40万円ほど掛かるので最終的には40万円から80万円程度必要になる可能性があります。

 

 

一方で司法書士は、任意整理は140万円以内の債務額でなければ代理権が与えられていないので行えませんが、1社あたり3万円程度で行うことが可能で、また成功報酬が不要なところが多めです。また個人再生や自己破産には代理権がないので直接、相手に交渉を行うことができませんし書類の提出も債務者本人が行う必要がありますが、裁判所に提出する書類作成とアドバイスを行ってくれます。費用については個人再生では30万円程度で、自己破産であれば20万円から25万円程度になりますが、財産を処分する必要がある場合には5万円程度が増額されます。

 

 

なお、債務に対して金利の余分な支払いがある過払い金が発生し、債務整理と同時に過払い金返還請求を行った場合には、両者とも回収した過払い金の2割程度が成功報酬となります。

 

 

 

比較をすると弁護士の方が費用が高額であり、債務を減らすという目的は達成できてもそれだけ多くの費用を支払うことになりますが、すべてを任せることができるので、精神的な負担も少なく債務整理を行うことができるメリットがあります。一方で司法書士に関しては費用が安いものの、任意整理を除けば代理権がないぶん債務者本人が多くの手続きおよび交渉をする必要があり、負担も大きめです。

 

 

また両者とも、あくまでも相場の金額であり、事務所によっては費用が大きく変わるため、債務整理を行うさいにはあらかじめ総額でどれだけ必要になるのかを確認しておくのが無難です。またいきなり事務所に相談しに行くのではなく、法テラスや無料相談会などを通じて問題解決に適した事務所を紹介してもらうと安心です。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

債務整理の費用、弁護士と司法書士の比較 債務整理の費用、弁護士と司法書士の比較



債務整理の費用、弁護士と司法書士の比較 債務整理の費用、弁護士と司法書士の比較