債務整理の基礎知識


債務整理におけるデメリットとは

債務整理におけるデメリットとは

借金を多く抱えてしまった人にとっては、債務整理という手続きがあるのはとてもありがたいことです。なぜなら、それによって借金を減らしたり、全く返済しないですむようにすることもできるからです。抱え込んだ借金をすっきり整理させることができるという点で、債務整理はとても有効なものです。

 

 

しかし、メリットばかりであるかといえば、必ずしもそうではありません。むしろ、債務整理には各手続きごとにデメリットもあります。例えば、過払い金請求の場合はどうでしょうか。過払い金請求を行えば、それによって借金を減額したり、信用情報機関に登録されないですむなどのメリットがありますが、一度請求を行うと、二度とその金融業者からお金を借りることができなくなる可能性もはらんでいます。

 

 

また任意整理についても、裁判所を通さずに和解を進められるというメリットがありますが、5年程度はブラックリストに載ってしまい、またクレジットカードを作ったり新規ローンを組むことができなくなるというデメリットがあります。特定調停の場合も、手続きを行うことで取立や督促を止めることができますが、やはりブラックリストに登録されるなどのマイナス面があります。

 

 

個人再生についても考えてみましょう。個人再生では、手続きを行うことで、マイホームを手放すことなく債務の大部分を免除してもらえるという利点があります。また、自己破産で免責を受けられなかった人でも手続きができる、資格制限なし、財産処分の必要はないなどのメリットもあります。しかし一方、官報に掲載されることになり、保証人に影響が出てくる可能性もあります。

 

 

さらに、借金は全額免除されるわけではなく、住宅ローンの返済についてはこれまで通り払っていく必要があります。よく知られる自己破産の場合も長所と短所があります。自己破産といえば、裁判所に認めてもらうことで、全ての借金をゼロにしてもらえるという手続きですが、やはり個人信用情報機関にはちゃんと登録されてしまいます。

 

 

また、住宅ローンはおよそ10年程度は利用できなくなります。このように、債務整理はそれぞれの手続きごとに、メリットもあればデメリットもあります。したがって、申請者はしっかりとした知識をもって、自分にふさわしい手続きを、ふさわしいタイミングで行わなければなりません。加えて、手続き代行を依頼する士業関係者の選定も重要です。弁護士や行政書士の知識や経験は人によって差がありますので、相談先を選ぶときは慎重に選ぶようにしなければなりません。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

債務整理におけるデメリットとは 債務整理におけるデメリットとは



債務整理におけるデメリットとは 債務整理におけるデメリットとは