債務整理の基礎知識


債務整理をすることのメリットとは

債務整理をすることのメリットとは

債務整理は返済することのできないような債務を抱えてしまったり、何らかの事情によってそれまで返済していた債務を返済できなくなってしまった人に対する救済策として存在しています。債務整理の制度を利用する際には様々なメリットが発生することは間違いありませんが、それでは債務整理を行うことによるメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

 

 

これについてはまずどのような方法を選ぶにしろ「債務問題の解決が出来る」ということを挙げなくてはなりません。返済するべき金額が減少、または完全に返済の義務から解放されるということになるのですから、これは非常に大きなことです。

 

 

通常、借金の返済が出来ないというような人に対しては何度かの督促の後に強制執行、つまり差し押さえが行われることとなるのですが、そうした事態を防ぐことができると言うだけでも非常に大きな意味があるでしょう。

 

 

これはあらゆる債務整理において共通することなのですが、それではそれぞれの手段ごとに見ていくとどういったメリットがあるのでしょうか。まず任意整理については「他の手段とは異なり、特定の債務だけを減免できる」というところがポイントになります。

 

 

後述する民事再生や自己破産では「保有する全ての債務」が対象となりますから、親戚や知人、お世話になった業者に対して保有する債務についても整理の対象となります。しかし任意整理は交渉する債権者を債務者が選ぶことができますから、銀行や消費者金融からの債務については整理を行い、他の債務については手を加えないというようなこともできるのです。

 

 

次に民事再生の場合ですが、これは「財産を喪失しなくてすむケースがある」というところがポイントです。民事再生と同様に裁判所に申し立てを行う自己破産においては「財産を没収して返済に充てる」ということが義務となりますが、民事再生の場合はそうした義務を一部、免除してもらうことができます。

 

 

そのため「処分したくない財産がある」という場合には特に意味が大きくなるのです。そして最後に自己破産の場合ですが、これは「あらゆる債務の返済をしなくて良いようになる」というところが最大のポイントとなります。自己破産において免責が認められた後にはあらゆる債務が帳消しとされますから、傷病や死亡によって返済能力が全く無い状態にある人であっても、返済の義務を持つ必要はないということになるのです。債務整理はそれぞれの方法によってメリットが異なりますから、自身にとって最も適した方法を選ぶようにしましょう。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

債務整理をすることのメリットとは 債務整理をすることのメリットとは



債務整理をすることのメリットとは 債務整理をすることのメリットとは