債務整理の基礎知識


カードローンによる借金は債務整理することができます

カードローンによる借金は債務整理することができます

様々な消費者金融業者などがカードローンのサービスを行っていますが、金利が高いこともあって返済できない人が多いと言えます。指定されている期日までに支払いができないときには、弁護士などに相談することで債務整理の手続きを行えます。

 

 

債務を整理するための手続きには自己破産や任意整理などいくつかの方法があるわけですが、どの債務整理を行うにあたっても弁護士に相談することによって、消費者金融業者などに受任通知を送ってもらうことができますので、その時点で金融業者からの取り立てや督促を止めることが可能になります。金融業者からの取り立てがなくなることによって、精神的に安心して借金問題を解決するための手続きに取り組むことができます。

 

 

債務整理を行うときは、それぞれの手続きによってメリットが変わってきます。代表的なものには、自己破産があります。自己破産をすることでカードローンによる借金をはじめとして、抱えている全ての借金について支払い義務を無くすことが可能になります。自己破産をするためには裁判所に申し立てをする必要があって、借金の支払い能力がないことを認めてもらうことで、免責許可を受ける必要があります。

 

 

手続きには任意整理の方法もあって、利息制限法で定めらえている金利以上の支払いをしているときには、消費者金融業者などと交渉をすることで払い過ぎている部分を借り入れ額の元本に充てることで減額させることができます。過払い金が発生しているときに、借金額を超えているときには取り戻すための請求をすることも可能です。

 

 

自己破産であれば財産を処分することも考えなければなりませんが、任意整理であれば住宅などを維持したままで債務整理ができる手続きとなっていますので、現在では任意整理の手続きを行う人が増えていると言えます。ただし、自己破産とは異なり、任意整理の場合には減額した債務についての返済を継続していく手続きになります。

 

 

債務額がある程度の額であるときには任意整理によって減額することで支払っていくことが可能とも言えますが、債務額が大きく膨れ上がっているときには債務を大きく免除してもらう必要があります。住宅を手放すことなく、債務を大きく減らせる手続きとしては個人再生というものもあります。

 

 

これらの債務整理の手続きを行ったときには、当然デメリットというものも存在することとなります。新規にカードローンなどの申し込みをするときには、信用情報機関に5年から10年ほど登録されることになりますので、新規の借り入れが難しくなると考えておいたほうが良いでしょう。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

カードローンによる借金は債務整理することができます カードローンによる借金は債務整理することができます



カードローンによる借金は債務整理することができます カードローンによる借金は債務整理することができます